プログリット(PROGRIT)とは?サービス内容や特徴を体験者目線で解説!

何も考えずに英語の学習を始めると必ず陥る問題が2つあります。それは次のようなものです。

英語学習でよくある問題
  1. 学習の方法がよく分からない
  2. 英語学習自体が続かない

「学習の方法がよく分からない」というのは言い換えるなら「自らに今必要な英語学習が何なのかよく分からない」ということです。行き当たりばったりで学習をしている人によくある話です。

「英語学習自体が続かない」というのは文字通りの意味ですが、たいていの人にとって英語学習はそれほど楽しいものではありませんので、英語学習が習慣にならずに挫折するパターンです。(もちろん楽しいこともあります)

私も以前は英語学習難民のような人間で、書店に行っては新しい英語の本を買ったり、新しいオンライン英会話に飛びついてはみるものの三日坊主で挫折していました…

ただ英語学習のコーチングサービスに通ってからは「学習の羅針盤」ができたことで以前のような悩みは消えました。今は英語の勉強をしない日があると気持ち悪いくらいです。

このような状態になれたのはプログリット(PROGRIT)のプログラムのおかげで、私はプログリットのプログラムが少しでも広まればいいと思いこのブログを作りました。

もしあなたが「自らに今必要な英語学習が何なのかよく分からない」「調べる時間もない」「忙しくて英語学習が続かない」というビジネスマンであればプログリット(PROGRIT)のサービスは検討してみる価値があります。

本文ではプログリット(PROGRIT)のサービス特徴、内容、料金などについて体験談も交えて解説していますのでぜひ一読してみて下さい。

>> プログリット(PROGRIT)公式サイト

プログリット(PROGRIT)の特徴

プログリット(PROGRIT)のカリキュラムは岡田代表がマッキンゼー時代にご自身で苦労して習得した英語の勉強方法に、第二言語習得論という科学的なアプローチをミックスして作った独自のカリキュラムがベースになっています。

プログリット(PROGRIT)のキモ!英会話の5ステップ

英会話の5ステップ

プログリット(PROGRIT)のコアとなる考え方「英会話の5ステップ」とは、英会話という漠然としたものをリスニング2つ、スピーキング3つの合計5つの段階に分解し、自分が今つまづいている段階を知ることで効果的な学習ができるというものです。

英会話の5ステップ
  1. 音声知覚:「アポー」という音を聞いて「apple」と認識できるかどうかが最初のステップです。
  2. 意味理解:認識できた「apple」を「りんご」として認識できるかどうかが次のステップです。
  3. 概念化:スピーキングとは自分が何を言いたいのかを整理するところから始まります。「りんごが好き」なのか「りんごは嫌い」なのか「青森のりんごは高い」なのか、スピーキングする前の概念化が全ての始まりです。
  4. 文章化:概念にできた考えを頭の中で文章にするステップです。「このりんごは高い」→「This apple is expensive.」
  5. 音声化:「This apple is expensive.」を自分の口を使って音にします。これでスピーキングは完了です。

日本語であれば、上記の5ステップを一瞬で且つ連続して行えます。しかし英語でそれが出来ないというのは、このステップのどこかに弱点があるということです。プログリット(PROGRIT)ではあなたの英語の弱点を見つけ出し、あなたに合った効果的な学習を一緒に考えてくれます。

教材は?

教材はコンサルタントが選んだ市販の教材を組み合わせて使います。

プログリット(PROGRIT)は効果の高い英語学習を熟知している

またプログリット(PROGRIT)のサービスは第二言語習得論という科学的なアプローチをベースにしています。第二言語習得論にも諸説ありますが、一貫していることが一つあります。それは第二言語の習得には大量のインプットとわずかなアウトプットが必要という説です。その割合は「インプット:アウトプット=9:1」と言われています。

  • インプットとは?:単語、文法、シャドーイング、音読、瞬間英作文など
  • アウトプットとは?:英会話

つまり第二言語習得論にのっとれば英会話だけをひたすらしても、英語はあまり上達しないということです。(英会話が必要ではないという意味ではない)

このように英語の学習には一見効果がありそうなことでも科学的には効果が薄いことがたくさんあり、プログリット(PROGRIT)ではこのような日本人が陥りがちな誤った英語学習を正しく効果の高い方向へ導いてくれます。

プログリット(PROGRIT)は短期集中で効果を出すことにこだわる

プログリット(PROGRIT)のコースは基本的には2~3ヶ月です。なぜプログリットは短期集中にこだわっているのかというとそれには理由があります。

プログリット(PROGRIT)が短期集中にこだわる理由
  1. 社会人は忙しい
  2. 短期集中が最も効率が良い
  3. 小さな成功体験で次に繋がる

社会人は忙しい

社会人は(大学生もそうかもしれませんが)基本的に時間がありません。仕事でのキャリアを作ること、転職、転勤、飲み会、PTA、接待、子供の学校行事、家族との時間・・・英語の学習は大切かもしれませんが、所詮語学は道具ですので、もっと時間を割くべきことがたくさんあります。

短期集中が最も効率が良い

また英語学習を何年も細く長く続けるのは、人間の忘却率から考えても効率的ではありません。例えば英単語一つとっても今日覚えたものは、1ヶ月後には殆ど全部忘れています。それを防ぐには、短いスパンで何度も復習をすることが効果的なのです。極端なことを言えば、長い期間でゆったり色んな勉強をするというのは、常に初見とほとんど同じ状態にまでリセットされたものを何度も学習している、ということになり、一向に新しい情報を学習できていないということなのです。

小さな成功体験が次に繋がる

私がプログリット(PROGRIT)を体験して最も有意義に感じたことは2ヶ月という期間を区切って必死に勉強し成果を出すと、その成功体験が次のモチベーションになり、プログリット(PROGRIT)を卒業した後もずっと勉強する気持ちになるということです。あの成長をもう一度実感したい!という気持ちは短期間集中して少しでも成長を実感しないと得られない感覚です。まずは短期でがっと集中する!というのは学習を長期で習慣化するのに必要な要素ということなのです。

プログリット(PROGRIT)は英語学習を継続するコツを知っている【体験談】

プログリット(PROGRIT)では学習の習慣化に対して、小手先のテクニックではなく生活そのものにメスを入れます。例えば私の場合はコンサルタントと一緒に毎日の予定を起床から就寝まで全て書き出し、その上で「寝る時間を12時に設定して予定を組む」ということを行いました。

学習開始1週目の私は1日3時間の学習を優先するあまり、かなり遅くまで勉強して寝不足になっていました。確かに一日の中で学習時間を3時間確保するのはプログリット(PROGRIT)生にとっては必須なのですが、寝不足で不健康になったり、集中力の失われた非効率な学習は長期的にはマイナスです。

私がその時に受けたアドバイスは「寝る時間を決めましょう」というアドバイスでした。それだけ?と思うかもしれませんが、このアドバイスの背景には「優先順位をつけよ」という意図が隠されています。

例えば20時に帰宅する人が24時に寝ようと思ったら、帰宅後に自宅で英語学習に当てられる時間は2時間程度です。ということは、朝の時間を活用する、通勤時間を見直す、もっといえば仕事内容について見直す、など0ベースで優先順位を決めて取捨選択をしないといけなくなります。

このようにプログリット(PROGRIT)では「気合で乗り切る」のようなアドバイスは絶対にしません。彼らは社会人が英語学習を継続できなくなる理由をよく分かっており、それを改善するためのコツも熟知しているなと感じました。

プログリット(PROGRIT)のコースは3種類

プログリット(PROGRIT)には以下3つのコースがあります。

  • ビジネス英会話コース
  • TOEICコース
  • TOEFL/IELTSコース

ビジネス英会話コース

ビジネス英会話コースは英語で議論したり交渉したりするための英会話力を身につけるためのコースです。TOEIC800以上の上級者でも英語力UPが実感できるようにオリジナルのカリキュラムを作成します。

TOEICコース

TOEICコースは短期間で目標のTOEICスコアを獲得できるように学習をコンサルティングしてもらうプランです。TOEICのテクニックにとどまらず本質的な英語力UPを図ります。

TOEFL/IELTSコース

TOEFL/IELTSコースは苦手な分野を伸ばしスコアアップを図るプランです。通常TOEFLやIELTSのスコアアップには数ヶ月単位の学習が必要ですので、そのための学習の習慣化を行います。

TOEFL/IELTSとは?

TOEFLもIELTS(アイエルツ)も海外の大学や大学院に進学するために必要なテストです。通常、スコアアップには長い時間がかかります。

プログリット(PROGRIT)のコースの期間|2〜3ヶ月が基本だが長期もあり

プログリット(PROGRIT)のコースは基本的に2〜3ヶ月ですが、長期プランの用意もあります。

2ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
ビジネス英会話コース
TOEICコース
TOEFL/IELTSコース
注意

TOEFL/IELTSコースには2ヶ月コースはありません。TOEFL/IELTSコースを受講するには有楽か新宿校舎で申し込みをする必要があります。それ意外の地域の方はオンラインコースとして対応してもらえるそうです。

プログリット(PROGRIT)のコースの内容|全コース共通

専属のコンサルタントがつく

プログリット(PROGRIT)では一人一人の受講生に専属のコンサルタントがつきます。コンサルタントは人によりますが10名以上の生徒をかかえているそうです。

毎日自習を2〜3時間以上行う

プログリット(PROGRIT)では英語を教えてはくれません。英語の勉強の仕方を学び、自習力や継続力をつけていきます。

弱点に合わせたオリジナルのカリキュラムを作成

英語力を上げるには「効果のある学習」をしないと意味がありません。しかし効果のある学習は人によって異なります。プログリット(PROGRIT)ではコンサルタントと一緒にあなたにあったカリキュラムを作成していきます。

毎日の自習のうち1時間はシャドーイングを行う

プログリット(PROGRIT)がシャドーイングに力を入れている理由は英会話で最も大切なのは相手の話を聞き取ることだからです。相手の話さえ聞き取れればスピーキングはそこそこでも単語を羅列してなんとか会話することはできます。しかしリスニングができないとそもそも会話が成り立ちません。

シャドーイングとは?

英語の音声を追いかけるように復唱するトレーニングで、主に英語の音を瞬時に聞きとるために行います。

LINEでシャドーイングを録音して添削してもらう

シャドーイングはリスニング力を鍛えるのに必要不可欠なトレーニングとして必ず毎日1時間行います。そしてシャドーイングの一部を毎日コンサルタントに送り添削を受けてシャドーイングの改善を行います。

LINEで勉強の内容と時間を報告する

専属のコンサルタントへ「今から〜の学習を行います」「〜の学習が終わりました」など学習の内容や時間を連絡します。

週一回の面談で勉強の軌道修正を行う

専属のコンサルタントと直接会って一週間の学習を振り返ります。翌週の計画を立てて必要なら教材を見直したりもします。

【体験談】面談では急にテーマを設定されて3分間スピーチするようなこともあるので気が抜けません!

プログリット(PROGRIT)の料金

Q. それぞれのコースの料金は?

下の表の各コースの料金(税抜)に加えて入会金5万円が別途かかります。6ヶ月と12ヶ月のコースもありますが料金は調査中です。

コースの期間 2ヶ月 3ヶ月
ビジネス英語コース ¥328,000 ¥468,000
TOEICコース ¥328,000 ¥468,000
TOEFL iBT / IELTSコース ¥468,000

Q. 支払い方法は?

カードか現金での支払いになります。

Q. 分割支払いはできる?

カードでの支払いのみ分割が可能です。最大24回の分割払いができます。3ヶ月コースを24回に分割すると月の支払いは19,745円(税込み)です。

Q. 返金保証はある?

30日間は無条件で全額返金保証を行っています。それだけサービスに自信があるということですね。

Q. キャンセルは可能?

いつでもキャンセル可能ですがサービス開始30日以降は日割りでの返金になるはずです。詳しくはプログリット(PROGRIT)の公式サイトか、無料のカウンセリングを受けた時にご自身でも確認して下さい。

プログリット(PROGRIT)を体験してみた私の感想

プログリット(PROGRIT)を始める前の私には目標がありました。それは欧米の大学院にMBA留学をすることです。

>> 関連記事プログリット体験・感想ブログ1:MBA留学の基礎固めで訪問

当時TOEICの点数は600点程度で、TOEFLは40点しかなかった私はプログリット(PROGRIT)で本質的な英語学習の改善を行おうと訪問しました。

正直プログリット(PROGRIT)を開始した最初のほうは寝不足で辛かったですが、今となってはあれも良い経験だったと思います。私の勉強方法の悪い癖をプログリット(PROGRIT)のコンサルタントと改善することができたからです。

結果的にプログリット(PROGRIT)のおかげで、私はアメリカで駐在をする権利を獲得しました。当初の目標とは少しずれましたが、今後はアメリカで夜間や週末に特化した授業でMBAを獲得できないか目論んでいます。

プログリット(PROGRIT)は決して安い買い物ではないですが、ボーナス一回程度の受講料でキャリアアップできると思えば素晴らしい自己投資です。もしあなたが私と同じように我流で行ってきた英語学習に限界を感じているならプログリット(PROGRIT)は一度検討してみる価値があると思います。

無料カウンセリングは「これが無料!?」と驚くレベルです。もし少しでも英語学習やプログリット(PROGRIT)に興味があれば公式サイトから無料カウンセリングを予約してみてください。

>> プログリット(PROGRIT)公式サイト

プログリット(PROGRIT)の校舎一覧

プログリット(PROGRIT)の校舎は都内を中心に全10拠点あります。(19年3月時点)また2018年10月から全てのプログラムをオンラインでも対応できるようになったそうです。オンラインでも料金は同じです。

プログリット(PROGRIT)の校舎一覧
  1. プログリット(PROGRIT) 有楽町
  2. プログリット(PROGRIT) 新橋
  3. プログリット(PROGRIT) 新宿
  4. プログリット(PROGRIT) 渋谷
  5. プログリット(PROGRIT) 赤坂見附
  6. プログリット(PROGRIT) 神田秋葉原
  7. プログリット(PROGRIT) 池袋
  8. プログリット(PROGRIT) 横浜
  9. プログリット(PROGRIT) 名古屋
  10. プログリット(PROGRIT) 梅田
  11. プログリット(PROGRIT) オンライン

プログリット(PROGRIT) 有楽町

住所 〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル5階
営業時間 土日 9:30~18:00/平日 12:00~21:00
地図 Google map で確認する

プログリット(PROGRIT) 新橋

住所 〒105-0004 東京都港区新橋2-12-17 新橋INビル3階
営業時間 土日 9:00~19:00/平日 12:00~21:00
地図 Google map で確認する

プログリット(PROGRIT) 新宿

住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目19番6号 山手新宿ビル12階
営業時間 土日 9:30~18:00/平日 12:00~21:00
地図 Google map で確認する

プログリット (PROGRIT)渋谷

住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目10-1 八千代ビル6階
営業時間 土日 9:30~18:00/平日 12:00~21:00
地図 Google map で確認する

※19年4月15日オープン

プログリット(PROGRIT)赤坂見附

住所 〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目17-1 いちご赤坂317ビル4階
営業時間 土日 9:00~18:00/平日 12:00~21:00
地図 Google map で確認する

※19年4月15日オープン

プログリット(PROGRIT) 神田秋葉原

住所 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-14-1 MASU no SQUARE 6階
営業時間 土日 9:30~18:00/平日 12:00~21:00
地図 Google map で確認する

プログリット(PROGRIT) 池袋

住所 〒171-0021 東京都豊島区西池袋3丁目 27-12 池袋ウエストパークビル2階
営業時間 土日 9:30~18:00/平日 12:00~21:00
地図 Google map で確認する

プログリット(PROGRIT) 横浜

住所 〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-1-22 ナガオカビル7階A室
営業時間 土日 9:30~18:00/平日 12:00~21:00
地図 Google map で確認する

プログリット(PROGRIT) 名古屋

住所 〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町1-16 井門名古屋ビル6階
営業時間 土日 9:00~18:00/平日 12:00~21:00
地図 Google map で確認する

※19年4月15日オープン

プログリット(PROGRIT) 梅田

住所 〒530-0002 大阪府大阪市北区曾根崎新地1丁目4-20 桜橋IMビル9階
営業時間 土日 9:00~18:00/平日 12:00~21:00
地図 Google map で確認する

プログリット(PROGRIT) オンライン

18年10月からプログリット(PROGRIT)がオンラインだけで利用できるようになりました。基本的にはプログリット(PROGRIT)の校舎が遠い人や海外在住の方人が対象です。通学プランと同じように専任のコンサルタントが1名が学習をサポートしてくれます。

日々の対応は通学生と全く同じですが、週一回の進捗管理などが会議アプリ Zoom を利用して行うのがオンライン版の特徴です。Zoomならホワイトボードの共有や資料共有も可能なので、面談時のやり取りを、オンラインで再現できます。

コースの料金や入学金は通学でもオンラインでも同じです。最新の情報を知りたい方は、一度公式サイトも必ず確認してください。

>> プログリット(PROGRIT)公式サイト